株式会社正栄デリシィポイ♪サク♪ウマ~♪なチョコビスケット『サク山チョコ次郎』新登場!

みんなにおしえーるスイッチ



チョコジローとは? チョコデール山で出会ったのは、 食いしんぼうな”ちんじゅう”でした。

  • 食いしんぼう
  • にんげんのまねをする
  • くちぐせが「チョ」

ぼくのチョコジローかんさつ日記

チョコジローはいいともだちです。はじめて会ったときは、こわかったけどビスケットをあげてから、やさしくなりました。やさしくなってからは、チョコビスをみんなにもあげてて、えらいなって思いました。だけどいつも食べすぎちゃうところとはメタボに気をつけてほしいなって思います。

昔のチョコジローの様子

サク山チョコ次郎 誕生物語

かつてのチョコジロー

かつてチョコジローは大きな口を開けて、キバをむき出しにしながら、チョコデール山になるチョコレートを一度にたくさんひとりじめにして食べていました。その姿を見た人間からは「山にはおそろしいケモノがいる」とおそれられていました。

ビスケットとの運命的な出会い

ある日、山でぐうぜん出会った人間のこどもからビスケットをもらいました。
初めてチョコとビスケットをあわせて食べたらチョコジローは、そのおいしさにビックリ!チョコレートとの組み合わせもバッチリです

サク山チョコ次郎の誕生!

チョコビスケットの美味しさを知ったチョコジローは人間と仲良くなりたいと思い”サク山チョコ次郎”と人間のまねをして苗字をつけて名乗るようになりました。

チョコビスケットを広める旅へ!

チョコビスケットのおいしさをみんなに知ってもらいたいと思ったチョコジローは新たな旅に出るのでした。

チョコビスをもらった人にインタビュー

みんなにおしえーるスイッチ